〒564-0053 大阪府吹田市江の木町3-11 第3ロンヂェビル4F TEL:06-6385-8801
 

大阪市/吹田市/豊中市/箕面市から通える美容皮膚科。皮膚科クリニックで受ける脱毛(レーザー脱毛)・美容皮膚科治療・メディカルエステ・ブライダルエステ

トップページ医師の紹介クリニック紹介交通案内よくあるご質問お問い合わせ

シミ、クスミ、ソバカス、肝班の治療

トップページ»  シミ、クスミ、ソバカス、肝班の治療

シミ、クスミ、ソバカス

境目のハッキリした濃いシミには、Qスイッチ・ルビーレーザーが効果的です。
境目のハッキリしないシミ、クスミ、ソバカスには、フォトRFが効果的ですが、その他、ケミカルピーリングトレチノインプログラム、ビタミンC・トランサミンの内服や各種軟膏の塗布、そしてメディカルエステでの施術などを総合的に駆使して治療致します。
治療の順序としては、Qスイッチ・ルビーレーザーでまず、濃いシミの治療を行い、その後、フォトRFや他の施術で薄いシミ、クスミ、ソバカスの治療を行うのがお勧めです。Qスイッチ・ルビーレーザー治療後、約1月待てば、フォトRFの治療などに移行出来ます。
シミ、クスミ、ソバカスにレーザーを使わず、内服薬やトレチノインプログラのみで治療する方法は、あまり合理的ではなく、効果も充分期待できません。当院では内服薬やトレチノインプログラなどはあくまでもレーザー補助治療と考えています。
一方、肝班と言う両目元から頬にかけて出来る境目のハッキリしないシミ、クスミがあります。肝班の原因は、ハッキリ分かっていませんが、恐らく軽微な摩擦などの慢性的な刺激と考えら、通常のシミとは区別して治療します。
当院では、特殊なレーザーの照射方法とケミカルピーリングやトランサミンなどの内服で治療を行っています。

ページトップへ戻る