〒564-0053 大阪府吹田市江の木町3-11 第3ロンヂェビル4F TEL:06-6385-8801
 

大阪市/吹田市/豊中市/箕面市から通える美容皮膚科。皮膚科クリニックで受ける脱毛(レーザー脱毛)・美容皮膚科治療・メディカルエステ・ブライダルエステ

トップページ医師の紹介クリニック紹介交通案内よくあるご質問お問い合わせ

Qスイッチ・ルビーレーザー、フォトRF・美白フォト

トップページ»  Qスイッチ・ルビーレーザー、フォトRF

Qスイッチ・ルビーレーザー

境目のハッキリした濃いシミには、Qスイッチ・ルビーレーザーが効果的です。
このレーザーは、希望の照射部位に所謂狙い射ちをする照射方法をとります。照射時に輪ゴムで軽くはじかれる感触があるため、照射約1時間前に照射部位に麻酔テープを貼って頂きます。基本的に同じ部位に何回も照射は必要でなく、1回の照射で充分です。
照射後、その部位のシミは、薄いカサブタとなり、約1週間で自然と剥がれ、きれいなピンク色の皮膚が再生されています。その後、その良い状態を安定化させるため、各種軟膏やビタミンCなどの内服を行います。

フォトRF、美白フォト

境目のハッキリしない薄いシミ、クスミ、ソバカスには、フォトRF美白フォトが効果的です。このレーザーは、光治療、フォトフェイシャル、IPLなどとも呼ばれます。
Qスイッチ・ルビーレーザーとの照射方法の違いは、基本的には、顔全体、あるいは両頬など面に対して照射していきます。また、照射後、ハッキリとしたカサブタが出来ることはなく照射直後よりお化粧も可能です。但し、1回の照射でその効果は完全ではなく、照射間隔と回数は、3~4週ごとに4~5回が一応の目安になりますが、肌質・症状により異なります。
さらに、フォトRFは、他のフォトフェイシャルの器械のように単にレーザーの力を利用するだけでなく、高周波(RF)も同時に照射するため、肌の弛みに対しても引き締め効果も期待できる治療機器です。

なお、当院では肝班には、このフォトRFを特殊な方法で照射し、他ケミカルピーリングや、トランサミンなどの内服治療も併用しながら治療を行います。

美白フォトは、シミ、ソバカス、クスミもニキビ等の赤みも、両頬部分に比較的集中している場合が多いことから、このフォトRFの照射部位を両頬部分に限定し、照射後、美白と鎮静効果のあるパックを併用することでご利用しやすい料金で、しかも最大限の効果を引き出す施術です。

当院では、フォトRFの治療を最新鋭器のePlusを使い施術致します。
ePlusは、eMaxなどの従来の器機とは一線を画します。即ち、高周波(RF)の皮膚への浸透が良いため、毛穴の引き締め、肌理の改善、肌の弛みなどに対してより効率的な治療の提供が可能となりました。
かつ従来のフォトRFより痛みが少なくなりました。

料金(価格はすべて税抜き)

Qスイッチルビーレーザー 1㎝四方 ¥10,000
2㎝四方 ¥20,000
フォトRF 手のひら大 ¥10,000
顔全体+引き締めの強化 ¥35,000
顔全体 ¥25,000
首のフォトRF ¥20,000
美白フォト 両頬 ¥13,500

ページトップへ戻る